2007年02月19日

LSD O/H

雪山遊びをしていて気付いたのですが、リヤデフのLSDがヘタリ、効きが悪くなっている事に気付きました。

そう言えば前回のO/Hからもう3年位経ち、しばらくO/Hしてなかったので、先日C-ONEさんでO/Hしてもらいました。

申し遅れましたが、自分の車はほとんどのチューニングメニューをC-ONEさんでお世話になっています。

ご存知の方も多いと思いますが、C-ONEさんはST165の時代からST185⇒ST205と歴代GT-FOURを操り全日本ラリーに参戦してきたGT-FOUR乗りには言わずと知れたカリスマ的?なSHOPさんです。

エンジン、足回りチューンetc・・・どれをとっても実戦を戦い抜いて来たからこそに得らるデータをフィードバックして来たそのノウハウと実績と確かな技術力etc・・・全ての面に於いて、自分は絶対的な信頼を抱いているSHOPさんです。

時間の都合で分解中の写真は取れませんでしたが中身はTRDです。イニシャルは今回10キロにしました。

DSCN1645.JPG

イニシャルは12〜13キロ位に設定するとFrぽくなると聞きますが、ほどほどが乗り易いと考えC-ONEさんと話し合った上での結論です。

セリカのリヤLSDに関し絶対的な効き(差動制限効果)に関してはクスコ製の方が良い様ですが、効きが唐突な傾向があるらしく、その点効きは劣るもののTRDは唐突でなくマイルドで扱い易いとの話を聞きます。

この辺は好みにもよる所だと思いますが、サーキットなんかをガンガン走る人にはクスコ製の方がトラクションが強く掛かり良さそうですが、街乗りメインで扱い易さを優先させるならTRDと言ったところでしょうかね?

自分の場合はコンセプトとして普段乗りでの気持ち良さも外せないとこなのでTRDの選択で正解だったかなと思っています。(って言うか自分が組んだ時クスコ製のは出てなかったし・・・本当はクスコ製が羨ましいが故の負け惜しみか?)





ラベル:セリカ ST185
posted by RCマーボー at 22:00| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 足回り/駆動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。