2010年02月15日

バンクーバーオリンピック・モーグル

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜 http://st185rc.seesaa.net

熱い戦いが繰り広げられているバンクー・バーオリンピックですが、昨日の上村愛子選手は本当に残念でした。試合後のインタビューで大粒の涙をぽろぽろ流すシーンを見ると可哀相で貰い泣きしてしまいました。でも本当に良く頑張ったと思います。本当にお疲れ様でした!。

そして今日は待ちに待った男子モーグルの予選・決勝が行われました!。

日本勢は附田雄剛、西伸幸、遠藤尚の3人が決勝進出!。

恐らく最後のオリンピックになるであろう附田選手、結果は17位と残念な結果でしたが、滑りのスタイルも好きでしたし、22年間もモーグルを続け33才で現役は本当に凄い事だと思います。ストイックにモーグルに打ち込む熱い姿勢は本当に尊敬します。2エアのランディングが残念でした。でも相変わらずターンは渋く本当にカッコ良い滑りだったと思いました。

そして遠藤尚選手、やりましたね!。7位入賞です。初出場のオリンピックであの度胸!本当にエアはガッツリ決まってましたし、マジ鳥肌もんでした。附田選手と同じリステル所属の19歳、またまた将来が楽しみな選手が現れましたね!。

そして、自分の一番応援していた西伸幸選手、9位入賞!見ていて本当に熱くなりました。攻めた良い滑りだったと思います。もうちょっと点数出てもも良かったと思いますが、ここは採点競技であり、結果は結果です。今回は残念ながらメダルには届きませんでしたが、まだ24歳、次のオリンピックもまだまだ行ける筈です。今回怪我で戦線離脱した上野修、桑原竜司など日本チームには才能豊かな選手が揃っています。4年後に向け切磋琢磨しながらソチオリンピックでのリベンジを期待してます!。

でっ優勝したのはカナダのアレキサンダー・ビロドー、なんか地元点?的?要素は否めないような気がしないでもないですが、1エアのダブルフルはやっぱ人間技じゃなかったです。あれは素直に凄い思いました。地元開催でカナダ一番目の金メダル、おめでとうございます。

僕の一番楽しみにしていた競技は今日で終わってしまいましたが、スノーボードHPの国母選手や、アルペンの皆川選手など等、まだまだ楽しみな競技は続きます。頑張れ日本!










人気blogランキングへ





posted by RCマーボー at 23:15| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | スキー/雪山系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。