2014年10月31日

OZラリーレーシング16インチ改を履いてみた。

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

温存してあったOZラリーレーシング16インチ改を試験的に履いてみることに。

でっ装着にあたり、自分オリジナルのセンターキャップをOZ旧ロゴタイプで制作しました。↓
002.JPG
当時物ロゴ・マークはシルバーとブラックが逆ですが、OZクロノEVO17インチ改に装着したCFRPセンターキャップがイケてたので、同じイメージでCFRP風味にしてみました。THE自己満のワールドです。

今回装着したタイヤは遠距離ツーリング用という使用目的で、2012年製、中古9.5分山4本セットを20,000円と格安GETしたミシュラン・パイロット3です。
009.JPG
OZracing赤ロゴ・ステッカーは暫定的に市販Verですが、将来的には分かる人には分る?Gr.A風味の逆向きVerに張り替える予定です。ただオッサンにはこの派手なロゴ・ステッカーが恥ずかしく感じてきたので、スポンサー契約切れちゃった仕様↓のロゴ・ステッカーレスにしようか?悩み中です。
DSCN1602.JPG

履いた感じはこんな感じです。
023..JPG 024..JPG
036.JPG 035.JPG
このラリーレーシングなら、車高の高い冬季仕様足廻り=ノーマル形状ショック+TRDラリースプリングにも似合いそうな感じです。

ただ、見た目は良い感じになったのですが・・・

乗り味的には・・・やっぱ重いっす、以前所有していた鬼のようにクソ重い17インチのラリーレーシングよりは、まだマシな感じですが、クロノEVOの17インチ改よりも明らかに重く、ドタバタとした乗り味となり、乗り心地&ハンドリング等のスタビリティは悪化しました。今度比較で重量計ってみようかと思います。

まあ、これもムースタイヤ履いてるとこんな感じなのかな風味の『味?』として愉しもうかと思いつつも・・・やっぱ鋳造アルミのラリーレーシングでは16インチでもクソ重いので、好きなラリーレーシングの形状で運動性能を追求するならMAGじゃなきゃ無理なことを改めて痛感させられる結果となり、MAGゲットへの野望がふつふつと湧き上がってきました。

ということで、某他車種用ラリーレーシングMAGをPCDチェンジャーで強引に装着しちゃうぜ作戦を発動させる前に、まずはリアルに実現可能なのか?、オフセット等のリサーチから、ひっそり始めようと思ふ秋の夜長の今日この頃です。

以上、総括ですが、ビジュアル的には目指していた91年テストカー風味の外観に近付いたことで、重いネガティブ要素には目を瞑り、一先ずTHE自己満ワールドに浸っております。

やっぱ1/1プラモのモディファイは面白くてやめられまへんな。

ではまた。



 

人気blogランキングへ


posted by RCマーボー at 22:15| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 足回り/駆動系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

CELICA GT-FOUR RC 改め CELICA turbo 4WD(UK風味?)

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

軽量化の零戦作戦ネタは一先ずお休みし、今日はちょっとした外装小技パーツでのイメチェンネタです。

まずドアサイドの廃番で希少なGT‐FOUR RCステッカーですが、一応予備をストックしてあるので惜しげもなく剥がします。
P1030203.JPG P1030204.JPG
RCオーナーで勘の良い人はもう何をしようとしたのかもうお分かりですかね?。

現在、ボキのRCはGr.A風味を濃厚にする為、輸出仕様のEURリヤガーニッシュが付いています。
DSCN6203.JPG

ただ、このガーニッシュにGT‐FOUR RCエンブレムは、何かミスマッチだったので、昔付けていた輸出仕様EURエンブレムに張り替えし、イメチェンを図りました。
028Rr.jpg
自分のRCは右ハンドルなので、UK風味とでもしておきます。
(イギリス仕様ってこの感じで正解なのかな?)
029.JPG 031.JPG
左側は現地仕様に習いちゃんと小TOYOTAエンブレムを貼りました。

張り替え時、Gr.Aベース車風味にエンブレムレスにしてみたのですが、何だかさみしく感じたので、ミーハーな貧乏人にはプチ高級感が醸し出されるエンブレム類は必要なようです。

以上、分かる人には分る小技ネタでした。

ではまた!



 

人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 22:04| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

『零戦作戦』=軽量化そのA

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

軽量化の零戦作戦ですが、ナビやオーディオ類を外せばかなり軽量化に繋がるのですが、軟弱者なので快適装備は残しつつ余計な贅肉は徹底的に排除していこうかと思います。

今回は重いヘルニアの腰を上げ、リヤホイールハウスのスポットで止まっていたアンダーコート鋼板剥がしです。

スポットカッターでもんで、チゼルで剥がしました。
003.JPG 004.JPG 006.JPG 007.JPG 009.JPG 010.JPG 

シリコンリムーバーでしっかり脱脂し、パテで傷をならし、サフェ吹いて040吹きました。せっかくなのでリヤフロアも040吹いてプチレストアしました。
012.JPG 013.JPG 014.JPG 018.JPG 018.JPG 022.JPG

以前、ロールケージ組む時、室内のアンダーコートを剥がした時は冬だったので結構簡単に剥がれた記憶があったのですが、今回はまだ温かい季節だからなのか?粘着性が高く面倒くさかったっす。中腰姿勢での作業だったのでヘルニア君には拷問作業でした。

という事でアンダーコートを剥がすのは真冬の作業をお勧め致します。

To be continued



 

人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 00:09| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

『零戦作戦』=軽量化その@

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

車いじりの秋?ですね〜。最近、過ごし易くなってきたので、目下Operation Zero fighter『零戦作戦』を進行中であります。

皆さん零戦のことはご存じかと思いますが、先の大戦初期、零戦21型が卓越した運動性能で連合軍側の戦闘機を凌駕していたのは機体の徹底した軽量化によるものです。

車でも軽量化が運動性向上に繋がるのは言わずと知れたところであり、Gr.A ST185はチタン、CFRPなど高級マテリアルで大幅な軽量化が図られており、昔懐かしのRALLY・X誌からの情報では、1993年ポルトガルで、カンクネン車が1250s、オリオール車が1246s、アギーニ車が1270sと記載がありました。

ワークスGr.Aと同じ重量にするのは到底不可能かと思うので、カスタマースペックのアギーニ車にコ・ドライバーが乗車した際の重量(大人1名+70kg計算)=1340sに近づける事を目標にミッションを遂行したいと思いやす。

下はネットで拾った画像ですが、零戦は主翼骨格などの他、搭乗員の椅子にまでも穴あけし、グラム単位の徹底的な軽量化が施されています。
zero機体軽量化.jpg

このストイックさを見習って自分のRCも各部ホーニング加工施しています。

まずはリヤゲートです。
022.JPG 012.JPG
ゲートはボデー剛性に関係ないので蜂の巣状態にしてやりました。しかし、まだ追い込みが甘いとこがあるので、時間あるときガラス窓枠周辺とかも徹底的に穴あけしようかと。

これは以前処理したシートレールです。
DSCN1789.JPG

ちりも積もればなんちかで・・・ミラーステーもホーニングっ!。
022.JPG
せっかくなんで、プチレストアも兼ね、劣化した樹脂をパテでスムージングし、マッドブラックでGr.A風味に仕上げました。
004.JPG 005.JPG

次は、左右ドアとリヤバンパーのリインホースをやっつける予定ですが、他、思いつくとこは徹底的にやってやろうかと構想中だす。

To be continued








 

人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 00:09| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 軽量化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。