2007年09月26日

ワンオフ・タワーバー

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜 http://st185rc.seesaa.net

前回のブログで予告したネタはこれでした。

補強パーツで有名なオクヤマさんでフロントタワーバーをワンオフ製作して頂いたのです!。

DSCN2430.JPG DSCN2475.JPG
3点支持で細かな形状はお任せしましたが、応力を計算しつつ、サージタンク等を絶妙に避けたエグイ曲がり具合に技を感じます。また、縦方向の効果を狙い、中央に2本追加バーもお願いしました。
         
DSCN2478.JPG
↑ワンオフ物なのに既製品と同じブランドプレートを貼ってくれたのが、なんだか嬉しい。

マテリアルは強度を最優先させ重量増覚悟の上、スチールにて製作依頼した結果・・・

スゲー重いですが、スゲー効いてます!。

まだちょい乗りなんで、限界付近の動きとか未知数ですが、ステアリング・レスポンスがもうビンビンで、少しコーナーも攻めましたが、コーナーリング中の粘りも以前と次元が違い、かなり良い感じ↑な予感?です。

そもそも何故わざわざタワーバーをワンオフしたかと言うと、自分の185はリヤにGr.A車とほぼ同レイアウトでゲージを入れてる為(今度時間ある時に詳しく紹介します。)、リヤがもうカチカチで、ショック減衰とバネレートを上げた際、フロントの剛性が負けてる感がありました。

フロントにも溶接増しや、筋金君もどきの極秘溶接補強バー入れたりしてるんですが(これも機会があればネタにします。)、まだバランスが悪かったので、今回のワンオフに踏み切った訳です。

結果は、狙い通り、リヤ側との剛性バランスもかなり改善され、がっちり骨太君な剛性感のあるマシンに変貌=ハンドリングUPし、自身の目指す理想にまた一歩近づいたので、大満足の一品となりました。

今回の作戦で改めてボデー剛性UPの効果&メリットを再認識し、更なるボデー剛性UP(特にフロント部)への欲が湧いてきました。

既に次に狙っている剛性UPメニューは幾つかあるので、この妄想?構想?が実現したら、またUPしたいと思います。








人気blogランキングへ


【関連する記事】
posted by RCマーボー at 23:20| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 補強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これはまた太いですねぇ。
これくらいカルシウムがあればすごい剛性があるでしょうね。
Posted by ルイ at 2007年09月27日 15:44
ルイさんどうもです。(^^/
オクヤマさんのスチール材は強靭で、がっつり骨太君になりました。

Posted by マーボー at 2007年09月27日 23:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。