2015年04月05日

TTE純正風味のシフトノブVer.3(TRDシフトノブ改)+レクサスのシフトパターン

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

TTE 純正風味のオリジナルなシフトノブVer.3を制作しました。

TRDのシフトノブをベースにマジカルカーボン(本物のCFRP繊維)の上に、TTE のロゴを貼りクリアを何層にも厚塗りで吹き付け仕上げました。
011.JPG
純正風味に仕上がり自己満足

そして高級感醸し出し作戦としてシフトパターンをレクサスのにしました。
029.JPG
立体的なダイキャストなので高級感あります。

乗ってる人間にしか分らないTHE自己満足全開ネタでした。

ではまた!









人気blogランキングへ


posted by RCマーボー at 00:06| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

Gr.A風味のマッドフラップ制作 そのC(おまけ)

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

先日装着したマッドフラップですが、真新しい赤色はちょっと派手で恥ずかしい。実際に競技に出場している本物のラリー車なら、実用装備としてはアリだと思うが、街乗りだと・・・ちょっと痛く感じてきた。

そこで1995年サファリ仕様・藤本車の実物フラップをみると経年劣化で黒く変色しており、この暗い色の方が目立たず渋そうなので、これをヒントに自分なりにアレンジしてみることに。
DSCN1295.JPG
ということでマッドフラップを黒に変更しました。
012.JPG 009.JPG
目立たないよう艶消し側の面を表にしました。個人的には赤より渋くイイ感じになったと思ふ。

それともう一つ、拘るなら徹底的にやるべと、ナットもGr.A本物とそっくりなナイロンナットにしました。
左:Gr.A本物 右:マーボー号
DSCN3886a.jpg 017a.jpg
緩み止めのナイロン部を同じ青のM6ナットにしました。あとワッシャの大きさにも拘りほぼ同じサイズだと思います。

以上、細かすぎて伝わらない?自己満足全開の1/1プラモネタでした。

ではまた!





 

人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 00:08| 東京 ☔ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月27日

Gr.A風味のマッドフラップ制作 そのB

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

さてマッドフラップ装着作戦ですが、リヤ側の取り付けも完了致しました。

1993年のオーストラリア仕様のカンクネン車と1995年サファリ仕様の藤本車を比較するとステーの位置が微妙に違うのですが、今回は1993年のオーストラリア仕様のカンクネン車を参考にすることに。

左1993年オーストラリア仕様カンクネン車 右2015年下町仕様マーボー車 
DSCN3854d.jpg 045.JPG

DSCN3853a.jpg 048c.jpg

DSCN3894.JPG 069.JPG

DSCN3886.JPG 059.JPG

DSCN3799.JPG 065.JPG

取り付けはGr.A車とほぼ同様プラスαとしたので簡単に脱落することは少ないと思います。
012.JPG 015.JPG 
今回の作業で何故Gr.A車は外側のホイールアーチより後方にオフセットし、フラップをステー止めしていたのか?その謎が解けました。上の画像のとおり、ホイールハウス内後面パネルへしっかりとボルト止めすると、クオータパネル外側パネル面のステーは必然的にこの位置になってくるのでした。流石TTEです。取り付け強度を考えると、とても理に適った装着方法です。

以上、ディティール&実用性にも拘る1/1プラモ&ラジコン風味のネタでありました。

ちなみに今回のマテリアルは形状決めの試作的意味合いもあり、安いEVA素材にて制作しましたが、

今回の作業で納得出来る型に仕上がったので、将来的には本物のラリーカーで使用されているウレタンで再制作しようかと思います。


予告:現在なんちゃってラリーカー作戦としてガード類装着中であります。時間あるときまたネタにしたいと思います。
014.JPG
ではまた!To be continued



 

人気blogランキングへ

posted by RCマーボー at 00:05| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

Gr.A風味のマッドフラップ制作 そのA

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

『冬季限定』マッドフラップ装着作戦ですが、フロント側も新たに制作しました。

フロントは以前制作した型があるで、制作は超簡単でした。
001.JPG
取り付け方法はTTE ST205のGr.AとGr.Nの資料も参考にしました。
011.JPG 10014301951_s.jpg
お約束のアライメント用Uカットも忘れずに、今回は1993年オーストラリア仕様風味で小さめにカット。
DSCN3845.JPG 006.JPG

次回はリヤ側の装着完成編の予定です。

ではまた!To be continued





 

人気blogランキングへ

posted by RCマーボー at 22:19| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

Gr.A風味のマッドフラップ制作 その@

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

先日、セリカで雪道を走行した際、マッドフラップ未装着だとボデーの汚れがひどいので、『冬季限定』汚れ軽減目的でマッドフラップを再装着することに。

装着にあたり、リヤ側は以前より妄想&構想していたGr.A風味のステー止めでDIY制作チャレンジします。

まずGr.Aの実車検証ですが、93年のオーストラリア仕様のカンクネン車と95年サファリ仕様の藤本車を比較するとステーのマテリアルが違います。
左オーストラリア仕様車    右サファリ仕様車
DSCN3895.JPG DSCN1298.JPG
DSCN3897.JPG DSCN1292.JPG
左がアルミで右がスチール製ですが、制作が容易なアルミで制作することに。

以前、お台場に展示されていたサファリ仕様車より採寸したデータを参考に、アングル材を切り出しステーを作ります。
003.JPG
オーストラリア仕様車のアルミステーは良く見ると一枚パネルより曲げ加工し制作されているようですが、最終的には同じような形状になったのでよしとします。
004.JPG 005.JPG

お次はボデー側の形状を紙で型どりシートへ転写しカットします。
001.JPG 002.JPG 008.JPG
Gr.A同様の固定方法且つ、どでかく制作すると、マフラー&タンクに当たってしまう個所があるので、逃げカットしこの様な形状となりました。

長くなりましたので本日はこの辺で・・・

ではまた!To be continued








 

人気blogランキングへ





posted by RCマーボー at 00:03| 東京 ☁ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

CELICA GT-FOUR RC 改め CELICA turbo 4WD(UK風味?)

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

軽量化の零戦作戦ネタは一先ずお休みし、今日はちょっとした外装小技パーツでのイメチェンネタです。

まずドアサイドの廃番で希少なGT‐FOUR RCステッカーですが、一応予備をストックしてあるので惜しげもなく剥がします。
P1030203.JPG P1030204.JPG
RCオーナーで勘の良い人はもう何をしようとしたのかもうお分かりですかね?。

現在、ボキのRCはGr.A風味を濃厚にする為、輸出仕様のEURリヤガーニッシュが付いています。
DSCN6203.JPG

ただ、このガーニッシュにGT‐FOUR RCエンブレムは、何かミスマッチだったので、昔付けていた輸出仕様EURエンブレムに張り替えし、イメチェンを図りました。
028Rr.jpg
自分のRCは右ハンドルなので、UK風味とでもしておきます。
(イギリス仕様ってこの感じで正解なのかな?)
029.JPG 031.JPG
左側は現地仕様に習いちゃんと小TOYOTAエンブレムを貼りました。

張り替え時、Gr.Aベース車風味にエンブレムレスにしてみたのですが、何だかさみしく感じたので、ミーハーな貧乏人にはプチ高級感が醸し出されるエンブレム類は必要なようです。

以上、分かる人には分る小技ネタでした。

ではまた!



 

人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 22:04| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月10日

Gr.A風味のフットレスト&シフトレバー

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

先日紹介したTTEGr.A風味のシートポジション作戦ですが、ペダルかさ上げにより、ノーマルのままでは弊害がでる個所を改善させることに。

まずはフットレストです。こちらもかさ上げし、やっぱりGr.A風味にしてみました。
↓マーボー号         ↓93年TTEワークスST185本物
021.JPG 003.JPG
硬質スポンジにカーボンを貼りました。今回は3Mのフェイクものではなく、リアルがちカーボンです。値段がやばいよ×2

純正フットレスト形状のままかさ上げにつき、ちょと形が残念なので、将来的にはもっとGr.A風味のどでかい形状で作り直そうかと思います。

次はシフトレバーです。3.5pもポジションが後方移動すると当然シフトも遠くなってしまいます。

↓92年サインツ車のXトラックのシフトを参考に
1992st185.jpg
曲げ角度つきの延長シフトレバーで対処しました。
016.JPG
標準のままだとちょっと長いので、少しカットして装着、ベストポジションとなりTHE自己満足!

将来的にはGr.A風味のどでかいフットレストのワンオフ制作を目論んでいるので、完成した暁にはネタにしたいと思います!。
コレ↓
003.JPG
何時になることやら?

ではまた!





人気blogランキングへ


posted by RCマーボー at 00:27| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

シートポジションをGr.Aラリーカー風味に

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

以前紹介したTTEGr.A風味のアルミペダルですが、

↓95年オリオール車     ↓マーボー号
DSCN6240.JPG DSCN6234.JPG
今回はこのペダルをGr.A風味のポジションにするためのモディファイです。

ご存じの通りセリカは超フロントヘビーなので、Gr.A車は重量配分改善の為、ドライバー&コドライバーともに座席位置がかなり後方となっています。
↓92年サインツ車 もうコラムの位置からして様子がおかしいです。
1992st185.jpg

そう、この着座位置を真似します。

マテリアルはt2mm×35mm×50mmのアルミ角パイプです。近所のホームセンターで2,000円/m弱でした。
010.JPG 011.JPG
これをカット&穴あけしペダルをかさ上げしただけの超シンプルな構造です。
012.JPG 015.JPG
これでポジションが3.5cm後方移動出来るようになりました。

3.5cmは効果絶大です。シートレールのノッチが一番後方寄りになり視界も変わりました。Gr.A風味のポジションとなり良い感じです。THE自己満足!

これでほんの少しは乗車時の重量配分改善になったかと・・・極数%の気休めですが・・・

このモディファイに関連するネタがまだありますので、完成したらうpします。

ではまた次回!





人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 22:09| 東京 🌁 | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

オイルクーラー・ウォータースプレー改造&インタークーラー・ウォータースプレー・タンク増設

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

夏真っ盛りですね〜晴れ東京は連日、猛暑日でもうマジ勘弁してほしいですがく〜(落胆した顔)

そんな暑い今日は冷やし系ネタで行きたいと思います。

ST185RCとST205WRC仕様車にはGr.Aホモロゲ装備としてインタークーラーのウォータースプレーが装備されており、ボキのST185RCはこの装備を実際に使用出来るようにしているのですが、今回はオリジナルのオイルクーラー・ウォータースプレーの配管廻りとノズルの見直しをしました。

今までは、リヤウォッシャーのホースにST205WRCのノズルで冷却していたのですが、噴射範囲がいまいちなので、広範囲に噴霧できるよう、家にあった噴霧器のノズルを流用してみました。上下2連で噴射範囲調整式です。
DSCN5798.JPG DSCN5805.JPG
ご覧の通り、ST205WRCのノズルよりも広範囲に噴霧出来るようになり良い感じですグッド(上向き矢印)
気化潜熱は馬鹿になりません。マジで油温下がりますので夏場はかなり有効です。

ちなみにインタークーラー・ウォータースプレーはST185RCオリジナルノズルなのですが、やっぱ噴射範囲がいまいちなので、将来的にはもっと噴射範囲の広いノズルに換装しようかと目論み中です。
DSCN2327.JPG

あともうひとつ、調子に乗って噴射していると、あっと言う間にタンクの水は空になってしまうので、今回はタンクの大容量化も目論んで、ST205WRCのタンクorランエボ用を流用するか、GDBインプレッサ、スペックCの超でかいやつにするか?とか、色々と悩んだ結果、冬場は必要ないし、戦闘機の増設タンクのアイディアより、脱着可能な増設タンク仕様にすることにしました。
DSCN5867.JPG DSCN5869.JPG

DSCN5873.JPG DSCN5875.JPG
まず10Lのポリタンクと純正ウォッシャータンクに15Φの穴開けて、ホームセンターで水道管のパーツをGETし装着

DSCN5891.JPG DSCN5877.JPG
水漏れチェック問題無、こんな感じでホースでドッキング。

DSCN5879.JPG DSCN5883.JPG
フロアとの高低差で純正ウォッシャータンクへ自動給水されます。タンクはこの位置にアルミ板BOX型ステーを制作し固定する予定(夏休みの工作予定。)

DSCN5884.JPG
でっ冬場は増設タンクが脱着可能で合理的な仕様にて完成の予定であります。





人気blogランキングへ

















posted by RCマーボー at 19:57| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月29日

Gr.A風味のカストロールステッカーでプチレプリカ

MY CELICA GT-FOUR RC ST185 〜ST205 3S-GTE inside〜
http://st185rc.seesaa.net

Gr.A(94年仕様)本物↓にはこんなカストロールのステッカーが貼ってあります
DSCN6111.JPG

そんなGr.A風味香る小技の効いたステッカーを限りなく近い場所へ貼ってみました。
DSCN5924.JPG

でも、ただ貼るだけではちょっと芸がないので・・・

こんなギミックを仕込んでみました。
     ↓                         
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
     ↓
    パカッと
DSCN5929.JPG
蓋をあけるとターボタイマーが出現します。
強力マグネットで開閉出来るようになってます。

この手のネタは後で恥ずかしくなったり痛く感じるケースがあるので、簡単に脱着可能です。

こんなくだらないネタばかり思いつくアホな自分ですが、今度これにELパネルでも仕込んで発光させてやろうか?と、また痛い妄想に耽る秋の夜長の今日この頃です。

カーボン柄は住友3MダイノックCA-1170です。


ではまた次回!





人気blogランキングへ
posted by RCマーボー at 00:02| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 小技&小細工 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。